Orbitvu だから出来ること

Orbtivu製品を利用すれば、商品撮影の生産効率を飛躍的に高める「フォトオートメーション」を実現します。
具体的にどのような機能があるかをご紹介します。

ORBITVUだから
ソフトウェアが物撮りに特化

商品画像の作成専用ソフトウェア
ORBITVU STATION

  • ORBITVU STATIONの管理画面
  • ORBITVU STATIONの撮影画面
  • ORBITVU STATIONの写真編集
  • ORBITVU STATIONの背景自動切り抜き画面
  • ORBITVU STATIONのシャドウ編集
  • ORBITVU STATIONの一括出力
  • ORBITVU STATIONの画像の出力結果

ORBITVU STATIONは商品画像の制作・管理に特化して設計されたソフトウェアです。
常にハイクオリティで一定品質の画像を作り出せるこのソフトウェアはショッピングサイト、製品の品質管理、検品時のクオリティ監査など厳しいチェックが求められる環境でその真価を発揮します。

画像管理クラウド
ORBITVU SUNとの連携

ソフトウェアはSUNクラウドサービスとのスムーズな連携に対応しております。SUNでは商品画像の配信をクラウド上で安全に管理する事が可能です。

画像管理用クラウドサービスORBITVU SUNの画面

全パターンを同時に出力

加工待ちの画像 → すぐ活きる画像

出店モール数が増えると、加工業務も増えていきます。 また商品画像はWEBだけではなく、印刷などの紙媒体や、他部署でも別の用途として求められます。 一括出力機能を使用すると、用途に応じたあらゆるパターンの画像を一度に保存することができます。 画像の縦横比や、保存先もパターン別に変更することができます。 外部で撮影したデータを取り込み、連番を付けることでまとめて効率よく出力管理をすることが可能です。

複数の出力設定を作成することができます

制作フローのテンプレート化

スキルに依存しない画像作成

色調整、背景加工など商品画像の作成工程は作業者のスキルに依存しとても属人的です。 テンプレート機能を使用すれば「誰でも・簡単に・変わらないクオリティ」で画像作成を行え、標準化することが出来ます。 例えば、「光沢のある黒」と登録しておけば、黒い光沢のある商品画像を作成する際に、照明環境、カメラの設定値、商品のレイアウト、色調整値を瞬時に再利用できます。 背景加工まで一発で完了する為、即バナー画像や画像の合成作業に回せます。

自動背景切り抜き

時間/コストメリットの低い作業の自動化

撮影された商品画像の背景は瞬時に切り抜かれ透過処理が行われます。 業界最高水準の切り抜き精度を実現しており、半透明、透明、網目の細かい物、ファーのようなふさふさした物も、ほぼ全て対応できます。 ウェブやカタログなどに使用する際の編集作業の負担が大幅に軽減できます。

被写体の背景部分を自動でマスク処理します

直感的な画面操作

覚えやすいから始めやすい

「導入後、直ぐに撮影を始めなければならない。」、「シーズン毎に作業の波がある。」、「急な撮影依頼が来てしまった。」、「撮影担当者が変わってしまった。」 と言ったお話は良く聞きます。 ORBITVU STATIONでは、合理的で直感的なソフトウェアの画面により、初めたての方でも直ぐに撮影のリズムを取り戻すことが出来ます。

ライティングやターンテーブル操作などが直感的に行えます

ORBITVU STATION

ORBITVU STATIONソフトウェア
ORBITVU STATIONの操作画面

主な機能

  • 自動背景切り抜き
  • 自然な影の作成
  • 自動ツヤ出し
  • 商品を魅力的にする色補正機能
  • テンプレート化が可能な撮影、編集、補正処理
  • Orbitvu SUNクラウドへのアップロードと管理
  • 商品のSKU管理
  • 独自の管理タグの追加
  • 自動バックアップ
  • 柔軟なファイル名の指定
  • 直感的で無駄の無いワークフローを実現するUI
  • 複数パターンの画像の一括出力
  • PNG, JPG, TIFF, BMP画像など多数の出力フォーマット

対応OS

  • Microsoft Windows 7 64 bit
  • Microsoft Windows 8 64 bit, Microsoft Windows 8.1 64 bit, 最新の更新版
  • Microsoft Windows 10 64 bit
  • macOS Sierra 10.12
  • macOS High Sierra 10.13
  • macOS Mojave 10.14

ハードウェア要件

最小ハードウェア構成
  • CPU,メモリ:Intel Core i5 2 cores, 8GB RAM
  • ストレージ: 128GB SSD, 1TB HDD
  • 画面解像度:1920x1080px
推奨ハードウェア構成
  • CPU,メモリ:Intel Core i7 4 cores, 16GB RAM
  • ストレージ: 256GB SSD, 1TB HDD
  • 画面解像度: 1920x1080px

ORBITVUだから
ハードウェアが現場目線
(要撮影キット)

柔軟な照明のコントロール

ブランドイメージに合わせたライティングが可能

プロ仕様の照明

商品の色再現率を極限まで高めた専用LED照明

照明の品質において色温度(K)と演色性(CRI)が非常に重要な尺度となります。 一般的に、日中の太陽光下で商品を見た際の色温度は5500K、CRIが100とされております。 ORBITVUのシステムでは、色温度は平均5500K、CRIは平均95である為、ほぼ見たままの自然な色再現力を備えております。 またメイン照明は、自由に位置調整が可能な為、ブランドイメージ合わせた多彩な印象のライティングを実現出来ます。

ハイエンドなLEDチップを使用し、色再現度の高いライティングが可能です

ターンテーブル制御

いつもの撮影アングルを自動化

コンピューターで制御が可能な電動のターンテーブルを使用することで繰り返し同じアングルのカットを正確に撮影することが可能です。複数のアングルを事前に登録しておくことで1クリックで撮影が行えます。

ターンテーブルの回転制御は直感的に操作することができます

ポジショニングレーザー

アイテムの設置作業のスピードアップ

アイテムをカメラの構図の中心に配置する際に、素早く位置調整が可能です。構図調整の為にコンピューターとスタジオ機材の間を行き来する必要が無くなり、撮影前のセッティング作業にかかる時間を減らすことが出来ます。

レーザーポインターを使用すれば被写体を中心に置く際に都度、画面を確認する必要がありません

ファンクションボタン

繰り返し使用する機能をボタンに集約

「シャッターを切る。」「ライトを落としてレーザーポインターを付ける。」など良く使う機能をコンピューターを使わずにボタンで直接制御することができます。アイテムの設置時などコンピューターから離れてちょっとした作業をする際にとても便利です。

ボタン1つで良く使う機能を使用することができます

一体型のカメラ三脚

物撮りに適したカメラ調整機能

商品の撮影においてカメラ位置の再現性はとても重要です。常に同じアングルや距離を実現する為の工夫が凝らされた専用設計のカメラ三脚が標準で含まれております。グラつきや角度のズレもおきづらい設計である為、どなたでも安心して導入後直ぐに撮影を始められます。

カメラの三脚は機材に初めから取り付けられております

オンラインにて簡易デモンストレーションを承っております

ショールームにお越しいただけない方は是非こちらをご利用ください

WEB商談をリクエスト