効率化間違い無し!

会社名:
株式会社西松屋チェーン
ジャンル:
小児用雑貨・服飾専門店
導入製品:
ALPHATABLE
PAスタッフのコメント

子供服販売の大手のこちらの企業様。中期計画に従い、Eコマースの売上を伸ばしていく際に、商品掲載数がネックになりました。これをいかに増やすかという観点と、画像作成の効率化は、同じベクトルです。本社に置くことで、商品をよく知る人たちが、手軽に撮影できる環境構築をされました。

左から
オービットブイユージャパン 代表取締役 鳴海 佑紀
西松屋 インターネット販売事業部 インターネット業務推進課長 芝池 和弘様
西松屋 商品撮影スタッフ
西松屋 執行役員 インターネット販売事業部長 富田 一範様    ※取材当時

 

商品撮影フローが売り上げを左右する 気づかなかった商品撮影の重要性

ベビー用品を豊富に取り揃え、全国に1000以上の実店舗を展開している西松屋様。ECサイトも2005年と早い段階から運営を行なっている。
そんな西松屋のEC運営で抱えていた課題がスピード感だという。豊富な商品の取り揃えが裏目に出てしまい、商品写真の掲載に多くの工数が発生していた。

富田様:フォトオートメーションを導入した理由は、大きく2つあります。1つは商品撮影に関するコストの削減、2つ目はスピード感を持って商品写真をサイトに掲載することでの機会損失の防止です。
導入前は、基本的に外注業者に撮影などを委託していました。
また、カメラマンに来ていただいて、撮影してもらうこともありましたが、いずれにしてもSKUも多く、季節変動による撮影数量の増減も激しいため、繁忙期には撮影が追い付かないなどの課題が・・・

続きはECのミカタでご覧ください!