ECサイトやネットショップへ商品画像を掲載するのは、ユーザーと出品者双方にメリットがあります。具体的にどのようなメリットがあるのか、商品画像が大事とされる理由を詳しく見ていきましょう。今回はユーザーと出品者それぞれの視点から考えてみると同時に、商品のジャンルごとにどのような特徴があるのかという視点からも解説していきます。ぜひ最後までお読みいただき、ECサイト利用時の役に立てていただけると幸いです。

ユーザーにとって商品画像が大事な理由

商品画像を掲載することで商品を選ぶユーザーはどのようなメリットがあるのでしょうか。商品画像にこだわることは出品者にとって売上アップにつながるメリットがありますが、それはより多くのユーザーに商品の魅力が正しく伝わるということでもあります。まずはユーザー側の立場で考えたときに商品画像が大事な理由を考えてみましょう。

商品画像が大事な理由

文字に比べて圧倒的な情報量

なにかを表現しようとしたときに、文字で伝わる事柄と写真で伝わる事柄を比較すると圧倒的に写真で伝わる情報量のほうが多いものです。もちろん、正確に伝えなければならない細かな事柄は文字として伝える必要がありますが、商品のデザインや色合い、形状などは文字で説明するよりも写真を1枚掲載するほうがより多くの情報が直感的に伝わります。

また、多くの人は文字が大量に記載されたページを読み続けていくよりも、写真やイラスト、図解が多いページのほうが楽に感じることは言うまでもありません。商品写真があることによって、比較検討するうえでの時間節約にもなることはユーザーにとって大きなメリットといえるでしょう。

利用シーンがイメージしやすい

生活雑貨の便利グッズやデザイン性の高い家具、個性的なアパレル商品など、普通のお店ではなかなか手に入れられないような商品を簡単に探すことができるのもECサイトの醍醐味です。しかし、そのような個性的な商品だからこそ、具体的にどのように使えば良いのかイメージがしづらいということも少なくありません。

そこで、実際に利用しているシーンを撮影した写真があればユーザー自身の生活に当てはめて考えることができ、より具体的な活用方法がイメージしやすくなります。

便利グッズであれば使い方や手順の写真、家具やアパレル商品であれば他のアイテムと組み合わせてのコーディネートの提案などが挙げられます。

一覧のリストで見たときに比較しやすい

楽天市場のようなECサイトやヤフオクのようなネットショップは、短時間で複数の商品や出品者を比較することができるメリットがあります。しかし、実際に商品を比較する際に商品画像がなければ短時間で効率的なリサーチは実現できません。

サムネイル画像のように商品画像が並んでいることでユーザーは一瞬で候補となる商品を見分けることができます。時間の有効活用という面から考えても商品画像はユーザーにとって必須のものといえるでしょう。

出品者にとって商品画像が大切な理由

次に商品画像が大事な理由について出品者側の立場から考えてみましょう。ユーザーとはまた別の理由が見えてくる一方で、なかには共通する部分もあります。

商品画像は売り上げに直結する

売上に直結する

出品者が商品画像を重視する理由の多くは、やはり売上に直結するというポイントではないでしょうか。ユーザー側からのメリットでも挙げたように、商品画像があることによって利用シーンがイメージしやすく、なおかつ商品を探す手間が省ける場合はそれだけ多くのユーザーが購入しやすくなるということも意味しています。

なかには商品画像を変えただけで売上が数割程度上がったという実例もあるほど、ECサイトを運営するショップにとってまさに商品画像は生命線ともいえる存在です。

言葉で事細かに表現する必要がない

ユーザー側のメリットの部分で「文字に比べて情報量が多い」というポイントを挙げましたが、これは出品者側にとっても大きなメリットといえます。商品画像の中にセールスポイントや寸法などの情報を取り入れることで、文字で事細かに説明文を記載する手間が省けます。

もちろん、デザインや形状なども写真を掲載するだけで十分に伝わるため、もっとも効果的で手間の少ない商品紹介の方法といえるでしょう。

綺麗な写真を見せることができる

写真撮影に慣れている場合は問題ありませんが、必ずしもプロ並みの綺麗な写真を全ての方が撮影できるものではありません。背景とのバランスやぼかし加工など、写真撮影の後でも画像を加工することによって高品質な写真に仕上げることができます。高度な撮影用機材が揃っていなくても、スマホで撮影した写真でも問題ありません。

商品が映った写真の良し悪しによって高級感や質の高さを左右することも少なくありません。ECサイトでの売上げアップを狙うためには、まずは綺麗な商品写真というのが大前提。特別なカメラスキルがない出品者にとって、商品画像編集は強い味方となってくれるはずです。

商品画像で伝わるさまざまなこと

最後に取り上げるポイントとして、綺麗な商品写真に仕上げることによって商品の何が伝わるのかを考えてみましょう。販売する商品のジャンルによって、アピールしたいポイントはさまざまです。それぞれの商品の良いところをしっかりと汲み取り、魅力を伝えることは商品画像の編集において基本的なポイントといえます。

みずみずしい食品の商品画像

食品のみずみずしさ

野菜やフルーツなどの生鮮食品の場合、みずみずしさや新鮮さは最大のアピールポイントです。通常の写真撮影では色合いが伝わりにくい商品でも、適切な編集を加えることによって魅力的に映ります。

また、生鮮食品以外であっても食品の艶感やサクサク感などを表現することも可能。ステーキやハンバーグの肉汁感も表現できたりと、画像編集はあらゆる食材においてその良さを引き立ててくれることでしょう。

アパレル商品の素材感・手触り

アパレル商品は季節ごとに使用される素材が異なるだけではなく、なかには独特の風合いや手触りが魅力の商品も少なくありません。商品の特徴を正確に知るためには実物を触って確かめることがベストですが、ECサイトやネットショップでは商品画像の情報が全て。アパレル商品全体の写真を撮影することでデザインや形状などは知ることができるほか、マクロ撮影を活用することで素材の風合いや手触りを表現しやすくなります。実際に触ることはできなくても、素材をズームで撮影することでユーザーは商品の特徴を推測しやすくなることでしょう。

商品のコンディション

ヤフオクやメルカリなどの個人間取引を使用する場合、商品の状態を正確に伝えるために商品画像は必須です。届いた商品の状態が悪いなどの理由で、出品者のものにクレームが来たり返金を求められたりといったリスクを最小限に抑えることにつながり、出品者・ユーザーともに安心な取引が可能になることでしょう。

顔の見えない相手との取引は不安に感じる方も少なくありません。そのような不安を少しでも解消し、スムーズな取引を実現するためにECサイトやネットショップでの商品画像の掲示は重要な役割を果たします。

最後に

今回は「ユーザー」「出品者」「商品ごとのメリット」の3つに分けて、ECサイトやネットショップに商品画像を掲載する理由をご紹介してきました。商品画像を正しく活用することでお互いが取引をするうえでメリットを得ることができます。また、商品画像の編集においては少しの工夫だけで商品の売上アップにつながることも注目しておきたいポイント。メーカー公式のWEBページから画像を引用するだけではなく、実物を撮影して適切な編集を加えることによって、ユーザーの安心感も上がるはずです。

この記事を書いた人
ニシムラヒロミツ
ニシムラヒロミツ
フリーランスライター。 大手通信キャリアでの営業、エンジニアを経験後、ライターとして独立。インターネット、スマホ、IoT、ロボットに詳しいです。 趣味はライブ、フェス、ライティング。月1ペースでライブに足を運びます。 生鮮食品以外のものはネット通販を利用するほどのECサイトヘビーユーザー。 ユーザーの立場を忘れずに質の高い情報を発信していきます。